<旅ルート計画>東アジア編その1

今回の旅は遊びじゃない!

本気です。

今までの人生全てをかけるといっても過言ではないほど本気です。

ってことで、旅のルート決めもほ〜んきでやっていこっかな!

ではいきますよーユーラシア大陸横断のルート予定(仮)

今回は出発〜韓国〜中国編です!!

出発

まずは出発から。

今回は飛行機は使わずユーラシア大陸を横断しようと考えているので、出発も飛行機を使いません。

現状、日本から飛行機以外でいける国は韓国と中国byフェリーです。

1つでも多く国を訪れたいのでここは迷う必要はありません。

出発は福岡?〜韓国、釜山です。

出発時期がGWと重なりそうなのでまだ福岡と断言できませんが予定では福岡です。

韓国

20歳の時2泊3日でソウルを訪れたことがあります。その時はカジノと周辺の観光しかしていませんでした。だから韓国はほぼ未知の国です。

釜山から北上し、見所がいろいろあるっぽいのでそこら辺を巡りつつソウルを目指そうかお思います。

韓国には世界遺産が12箇所あるみたいですね。

別に世界遺産にこだわるわけではないのですが、国際的に認められた観光名所なら訪れる価値があるのではないかと個人的には思います。

なので、釜山〜ソウル間で訪れることができそうなのは・・・

東側にある、石窟庵と仏国寺でしょうかね。

ちょっとそそられる世界遺産がなかったため、釜山から上記場所にいき、そっからソウルを目指す感じになりそうです。

イメージ的に韓国って見るってよりかも食を楽しむって方が強いのでまず1カ国目ってことで体力をつけるためにもいっぱい食って太ってやろうかと思います!!!

予算は5万円。物価が今回訪れる国の中では中の上になるでしょう。安全には安全を込めて予算は高めの5万円。日数は10日で!

中国

韓国の次は北朝鮮を通り中国!!!!

なんてのはできませんよね・・・

陸路にこだわりこーゆールート取りたいんですがね。やはりまだまだ世界は平和ではありませんね。しょうがないので韓国のどっかから中国のどっか行きのフェリーに乗ろうかと思います。

そしてまず北京を目指そうかな。

そこからのルートが悩みどころ!

北を目指すか、南を目指すか。

中国の場合ビザなしで入れるのは15日間だけなので北京周辺を回ってからモンゴルへ行くのか、上海へ行き、南を回りつつ成都の南の町、楽山でビザをゲットするのか。

う〜ん・・・

どちらにも行きたい。

前回中国を旅したときは春節のおかげで電車の予約が取れず深センに無駄に長居してしまい、うまいこと南部を見れなかったんですよね。

だから今回はそれのリベンジもしたいしな〜

ただ南に行ってしまうと時間がかかりすぎる。中国ってご存知かもしれませんが世界で3番目に大きい国なんですよ。だから街と街の移動時間がやたらと長いんです。もちろん新幹線みたいな高速列車は走っているんですが料金が高い!節約するなら寝台をうまく利用する必要があるんですが、そーすると日数が予想以上にかかってしまうんですよね。

う〜ん・・・

やはり北京へいって、モンゴル、そして上海に南下・・・

やべぇよくわからなくなってきたから地図に落とし込んでみよう。

青が欲張りプランで赤が節約プラン。

韓国からのフェリーが青島行きと天津行きがあるっぽいからどっちを取るかでルートが大きく変わってきます。

個人的に中国はすっげー興味深くて一番大好きで人に勧めたい国ランキング1位なのでじっくりと楽しみたい!

ってことを考えるとな〜首都北京にも行ける青ルートをとるべきなんではないでしょうか。

予算と日数は苦しくなりますが、有意義な時間を過ごせるんではないかな〜なんて思います。

最終的に西安からシルクロードを通って中央アジアに行きたいので、とりあえず中国入国から西安までのルートは一旦保留ってことにしておきましょうか・・・

冒頭でしっかりとしたルートといっておきながら、情けないです・・・

ルート

モンゴルは行くかわからないので一応外しています。っていーながらもルートには反映させていますが・・・

とりあえず、日本〜韓国〜中国っと旅していきます。

最後に

長くなったので今日は以上!

今回のユーラシア大陸横断の一番の山場は中国だと思っています。どれだけ中国をたのしめ、安く移動できるかによって今後のプランが大幅に変更される可能性があります。だからこそ中国に関しては徹底的に調べて、最適なプランを取っていこうと思います。

ではまた次回!

ランキングに参加中です。下のバナーをポチしてくださるとポイントが入る仕組みになってます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

俺得ですが、ポチポチよろしくお願いします。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク