<香港>人種ジャンブル香港で日本の将来を心配す・・・

こんにちは。

今回からしばらくは香港観光の記事です。1ヶ月以上前の話になりますがユーラシア大陸の旅に出る前に予行演習として記事を上げていきたいと思います!

ではいってみよ〜

香港のメインストリート周辺をぶらぶら散策

中国本土の深センを後にしてやってきたのは、今や東京をも超える金融街をもつ香港。

繁華街は超高層ビルで埋め尽くされ、道路にはせわしなく駆け走る二階建てバスにタクシー。通りを歩けばいたるところにある地下鉄の入り口・・・

もはやここは東京と全くかわらねぇなんて思ったりもします。

しかしまぁ〜、都会=東京と比べる様を見ていると、まだまだアジアの中で東京を越すビッグシティなんて存在はしないと自分に言い聞かせているような気がします。いつまでもアジアナンバーワンの座を維持し続けるためにも頑張って欲しいですな(ハイ毎度お馴染みの上からですな)

お金が集まるところには、ビジネスチャンスを追い求めていろんな国からいろんな人がやってくるのでしょう。街を歩けば、中国人だけでなく、ターバンを被ったインド人や、キッパを頭に乗せたイスラム系の人や黒人、すらっとしたスーツを華麗に着こなす白人ビジネスマンや、アジアの空気を感じにきた風な欧米人バックパッカー。ありとあらゆる人が香港一のメインストリート「ネイザンロード」を歩いています。自分もその中を思いでたっふり詰まったバックパックを背負って歩きます。

香港にはバックパッカーがいないのでしょうか。2キロほどネイザンロードを歩いたのですが一人もバックパックを背負った、ザ・旅人にはであいませんでしたYO。

無事宿にチェックインした後は、取り立ててやることも決めていなかったため、まずは軽くネイザンロードを中心に市内を散策するとこに。

今回の宿:Appleinn チョムサーイ

香港名物?二階建てバス。突き出ている看板の下をビュンビュン飛ばして走っています。毎回当たらないのかな〜なんて思ってしまいます。ギッリギリです。

こんな様を見ていると香港映画の定番シーン、看板飛びにチャレンジしたくなっちゃいますね。

露店がありました。

売っている物は服屋や小物などの日用品ばかりですが、月曜の午後だというのにそこそこの人の入りですね。ところどころでできている人だかりは実演販売をしているためです。手のひらサイズのミシンを売っていたり、靴べら売っていたり、いろんなものをマイクパフォーマンスを織り交ぜながら販売しています。中国語わかりませんが、見ていて若干欲しくなっちゃいましたね。

若干ネイザンロードを外れると歩いているのはローカルチャイニーズだけになります。

ここら辺では電子機器の販売が盛んでした。さながら香港の秋葉のようですな。

人種の動物園!?香港の勢いと東京の勢い

歩いていて思います。なぜにこうも香港にはこんなにもいろんな人種の人がいるのでしょうか?とりわけインド人。

東京も香港に負けず劣らずな金融街と観光スポットがあるにもかかわらず日本人以外を見かけることができてもそこまで多くはないような気がします。

例えばネイザンロードに匹敵するであろう銀座。高層ビルが立ち並び、土日ともなれば老若男女いろんな人が行き交います。しかしその中で外国人の割合は日本人の割合に比べるとおそらく低いでしょう。とりわけインド人。

果たして香港と東京何が違うのでしょう。入国のしやすさ?物価?それとも単純に魅力がない??それとも元イギリス統治下だったがために、流入しやすいのでしょうか?特にインド人。

まぁ、理由はいろいろあるしょうが、国際競争力という観点からみて香港の方が将来東京よりも発展していくんではないかと思ってしまいます。あれだけいろんな人種がいればいろんなアイデアや考え方があり、そこから今までに見たこともないようなサービスや商品が生まれていくんではないかな・・・

自分は東京がアジアで一番の都市であり続けて欲しいと切に願っております。

しかし香港を見ていると遅かれ早かれ完全に追い抜かれ、引き離されてしまうのではないかと危機感を抱いてしまいます。

それだけ香港には勢いがあり、いろんな人種がいることによる恩恵を受けていると思います。スーパーに行った時、レジのおばちゃんに「 How are you?」「 Do you need bag?」っと聞かれたのにはかなりびっくりしました。すでに香港では庶民レベルでも英語を普通に使用するのですね。もし英語も中国語も操ることができたら、まさに鬼に金棒状態ですな。

英語を日常的に使うことができる環境がある香港と日常的に英語を使う機会がない東京ではもはや”大きな差”が出始めているのでしょう。

このままこの差が開いていけば確実にアジアの都市ランキングは大きく変動していくでしょう。仮に東京のランキングが下がった場合、ビジネスとしてのプライオリティも下がり、少なからず金融業にはダメージがあるのではないでしょうか。

しかし、自分は思います。別に東京よりも香港やシンガポールの方が世界的に重要都市になっても構わないと。世界を旅していていろいろな人に会います。その中で「東京にいったことあるよー」って人に高確率で会います。お世辞かもしれませんが、みんな東京は良かったと言ってくれます。さらに「東京にいつか行ってみたい」なんていう夢を抱くアジアの青年もたくさんいます。

東京はなにか秘められた魅力ってもんがあるのでしょうね。

どの都市にも秘められた魅力はありますが、東京の魅力は格別でしょう。もしその魅力がなんなのか知りたい人は是非世界を旅してみてください。きっとなにか感じるはずです。

ちなみに自分が感じる東京の魅力は便利さです。

24時間営業のコンビニに安価なファストフード。こんなたくさんあるのは東京だけでしょう。

まとめ

ただの日記をぐだぐだ書くつもりが変な話題にそれにそれてしまいましたね。

これからまた旅に出て、いろんな都市や町をみて毎回こんな風に感じるのかな〜なんて考えると、旅って本当面白いなって思います。

さて、次回は軌道修正をして香港で一番の観光名所!?あの超有名な観光スポットに行ったことを書きたいと思います!

ではまたね〜

ランキングに参加中です。下のバナーをポチしてくださるとポイントが入る仕組みになってます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

俺得ですが、ポチポチよろしくお願いします。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク